代表者プロフィール   織田 雅裕  Masahiro Oda


  

1960年埼玉県生まれ。

ライフクオリティ・デザイナー、カウンセラー、神道教師補、セミナー講師、

参拝ツアーインストラクター、埼玉県指定重要文化財「田子山富士塚」保存会理事。

 

前職では、日本でトップクラスの多目的コンサートホールのチーフディレクターを26年間歴任し、「東京コレクション」「国民的美少女コンテスト」やコンサート、企業メセナ、最先端のトレンド・イベントをサポートする

 

自らの逆境を乗り越えるため開運法を求める中、

日本人の生活に根付いたわが国古来の「古神道(こしんとう)」に出会い、

《最も古くて、最も新しい》古神道が、世界に誇れる”増運法”であることを再発見する。

 

名誉心理学博士で古神道行法の第一人者でもある山田雅晴氏20数年師事し、

神仏との交流法や開運法、潜在意識活用法などを学んだ後、氏主宰のまほろば研究会で

古式に則った産土古神道神祇師・権祝部(ごんのはふりべ)の階位を拝受し、

同会での「織田雅裕講座」講師、「上級・産土インストラクター講座」アシスタントなども務める。

 


 

前職で関わっていた「舞台」と「あの世とこの世」が相似形であることに着目し

「わかりやすい強運の法則」を普及する志に燃え、2009年、ファインビジョンを設立。

現在誰もが《人生の晴れ舞台》に立てる「レッスン講座」を開講中。

 

地域の神社由来書、『志木開運・招福七社参り』パンフなどを執筆し、 神社・仏閣・聖地の復興が趣味。

現在、月1回のペースで“古き神々の復興と聖地のよみがえり”を目指し、参加者にも地域にも御利益のある、

新次元の参拝ツアー「武蔵国延喜式内社ツアー」、全国のパワースポットを巡る「開運ツアー」を開催中。

ほとんど知られていない重要な聖地を続々発見し、その復興に全力を注いでいる。

 

近年、地域神社への長年の貢献が認められ、神社では初の埼玉県指定文化財となった

「田子山富士塚保存会」の理事に任命され、2012年より再開された「山開き神事」では、

先達を務める。

 

仕事の傍ら、OLの妻に代わってふたりの子育てもこなすイクメンでもある。

 


舞台設営の「裏方さん」たち
舞台設営の「裏方さん」たち

あなたの「晴れ舞台」を応援しようとしているサポーターは「ご家族・ご友人」

のみならず、

”見えない世界”にはたくさんの「お蔭さま」が働いています。

 

そうしたあなたの”オンリーワン”のスタッフと手を組み、

                   人生の「ランウェイ(花道)」を歩き出しましょう!


執筆・奉納活動


志木開運・招福「七社参り」パンフ             (宮司さまの依頼で作成、各神社に常設配布)
志木開運・招福「七社参り」パンフ             (宮司さまの依頼で作成、各神社に常設配布)
ぼくらの街の守護神マップ(参拝者・学校・市役所などに配布)
ぼくらの街の守護神マップ(参拝者・学校・市役所などに配布)

佐久奈度神社由来書(「大祓詞」創始の神社、執筆奉納)
佐久奈度神社由来書(「大祓詞」創始の神社、執筆奉納)

香取神宮の「境内案内板」制作
香取神宮の「境内案内板」制作
大鳥居横に設置されています
大鳥居横に設置されています

日本総鎮守・生島足島神社摂社・荒魂社「鳥居」
日本総鎮守・生島足島神社摂社・荒魂社「鳥居」
志木市夏祭り発祥の津島天王社「由来看板」制作
志木市夏祭り発祥の津島天王社「由来看板」制作

津島天王社は

東上沿線でも川越祭りと並んで有名な

埼玉県志木市の敷島神社夏祭り発祥

大切なお社です!

手水舎横に設置しました
手水舎横に設置しました

建速須佐之男尊総本宮・須佐神社摂社「瑞垣」奉納(出雲)
建速須佐之男尊総本宮・須佐神社摂社「瑞垣」奉納(出雲)

まほろば研究会が行っている聖地復興のためのボランティア

「まほろば基金」の初代監査役を務め、

各地の重要神社に”奉納ボランティアをしました。

武蔵国一の宮・氷川女體神社の社号額
武蔵国一の宮・氷川女體神社の社号額