《開運コンサルティング》を受けた方は無料!でお探し(リサーチ)します!!


オーナーの誕生日にあわせて鋳造した世界でオンリーワンの

特製《神道フーチ》を使って、厳重な結界を張った中で、

あなたにとって大切な神社をリサーチします。

 

巷でよく言われている、

産土神社は「出生地のすぐそば」や「氏子区域の神社」

という定説を超えた

《開運する産土開運法》をお届けいたします!

 

料金は〈料金のご案内〉のページの【お蔭さまリサーチ】を

ご参照ください。


☆リサーチに必要なもの


必要なものは、リサーチするご本人の

◎生年月日

◎生まれた時、ご両親が住んでいた住所(現在の地名)

◎現住所

◎「リサーチ報告書」の郵送先

です。

 

FAX、もしくはメールでお送りください。 

 

カウンセリング終了後、10日前後で「ご報告書」および「振込書」を郵送し、

お知らせいたします。

 

 


               沖縄の夕陽
               沖縄の夕陽

☆彡リサーチする内容どんなことですか?

 

本人の「産土神社」と、引越し先での守護を担当する

「鎮守(ちんじゅ)神社」をお教えいたします。

また、「高級守護先祖霊団」の人数もお調べいたします。

 

「高級守護先祖霊団」とは、

高い霊界からあなたを守っているご先祖さまグループで、あなたが「天命(ライフワーク=生きがい)」を歩むことで、どんどんグループが大きくなります。

 

あなたが、あの世での「マニフェスト=天命」を実行することで、よりサポーターが増えるのです。 

 

産土神社は生涯変わることはありませんので、一度リサーチすれば《一生の宝》となります。

  

オプションとして

〇職場を守護する「職場の鎮守神社」

〇学業守護・受験合格祈願の「学校の鎮守神社」

〇病院での治療を後押しする「病院の鎮守神社」

などもお調べいたします。

※オプションだけのリサーチは不可です。

 

 


☆開運の切り札「産土(うぶすな)神社」を探す!


 わが産土神社「敷島神社」(埼玉県)
 わが産土神社「敷島神社」(埼玉県)

☆彡おかげ様(産土神社)リサーチとは何ですか?

 

あなたは、有名な神社やパワースポットほど、ご利益があると

思っていませんか?

 

大切なことは

 

「すごい神さまを拝むのではなく、

守りたいと思っている身近な神さまに 感謝する」ことです。

 

古神道では、この世のことを「顕世(うつしよ)」といって、

あの世が写っている世界が、この世だとします。

つまり、

 

この世のことをしっかり観ると、あの世のことがわかるのです。

見えない世界だからこそ、この世の「道理」で考えることです。

  

この世で、いくら偉い人ばかりに挨拶をしても、むこうは「あっ!どうも。でも誰だっけなあ」で終わりですね。

 

また、近頃流行のパワースポットの神さまは、

「あなたを本当に守っているのはわたしじゃないのに」と思っているかもしれません。

 

当たり前ですが、助けてもらうには「身近な親」が一番なのです。

大自然に宿る神さまは、その土地で生まれた命のすべてが自分の子どもです。

 

つまり、ふるさとの大自然に宿る神さまが、あなたにとっての今生での「親」なのです。

ふるさとの神さま=「産まれた土」の神さまがあなたのことを、

一番親身になって守ってくれるのです。

 

おかげ様リサーチは「世界で一番あなたを守りたい神さま」が

いらっしゃる神社を特定するリサーチのことです。

 


空から観る富士山
空から観る富士山

この世に産まれてから一生を通して守って下さる

“オンリーワン”の神さまのことを、産土の大神さまといいます

 

そして、ふるさとにある、

産土の大神さまの宿る《開運に欠かせない大切な神社》が

「産土神社」です。つまり、

 

あなたにとっての一番の聖地は「ふるさと(生地)」なのです。

 

 

 

産土神社は江戸時代まで大変ポピュラーでした。

だから、庶民は貧乏でも、精神病は少なかったそうです。

しかし、明治時代に文明開化に急ぐ明治政府によって、神社で霊性を説くことがタブーとされました。

そして「氏神」と混同され、作法だけが伝承されたのです。

現在もその名残として

「産声(うぶごえ)・産湯(うぶゆ)・初心(うぶ)な子・産毛・産着(ベビーウェア!)」などの言葉があります。

 

「おかげ様信仰」とは、そうした産土神社(土地神さま)をはじめ、ご先祖さまに感謝する、

あたりまえの、そして最重要な習慣をリバイバルした

 ”最も古くて、最も新しい” そして神仏が一番おすすめの安心な開運法です。

 

つまり、過去に他の国から侵略されたことのない、日本という土地に残された

地球の最後のカード(奥の手)が、神社という聖地なのです。

 

神代の時代から続く、地球の”最善の信仰形態”が、私たちの国には奇跡的に残っていたのです。

 


            榛名山を照らす太陽
            榛名山を照らす太陽

☆彡産土神社と仲良くするとなぜ「開運」できるのですか?

 

産土の大神さまは、今生での「魂の親」です。

その土地で生を受けた命を、遠く離れても、

しっかり心を向けて守ってくださいます。

 

人間関係も同じですが、

 

きちんと心を向けたときに「絆」が深まるものです。

私たち人間が、一番大切にするとよいのが「お蔭さまとの絆」です。

 

実は「お蔭さま」は神仏だけではありません。

家族の「愛や思いやり」や友人知人の「ご縁・親切」、太陽や空気、水、そして食べ物などです。

そうしたものに素直に感謝できる気持ちになったとき、「お蔭さま」はお蔭をくださいます。

 

自分が、今ここに存在するにあたって、なくてはならないすべての存在に感謝すると、

そうした存在から助けてもらえるのです。

つまり「お蔭」とは「見えないけれども、大切なもの」、

そうしたことを感じれるようになったことへのご褒美なのです。

 


☆彡産土信仰と、他の宗教、思想はどう違うのですか?

 

産土信仰をお勧めする理由は、

 

同じ努力をするなら、「最大限の効果がある方法をした方が得」、ということです。

つまり、「地球の法則」なのです。 

 

人間は、事実を信じるのではなく、自分が信じたものが事実になります。

しかし、それが必ずしも最良なものとは限らない場合も多いものです。

 

ファインビジョンは

「何かを信じるのではなく、《最も問題解決に有効な方法は何か》を

研究し、最善のものを採用する」というスタンスです。

 

宗教やイデオロギーがお酒やウィスキーだとすれば、産土信仰は「良質な水」にあたります。

宗教や思想は、この世に産まれてから選ぶのに対し、

 

産土信仰は「今ここにいる自分がお世話になっている、すべての存在に感謝すること」です。

 

つまり、質がちがうのです。まず、何事も足元を固めてから、ということですね。

 

「〇〇をしてはいけない」から、

「○○するともっと良い」という思考にシフトすると良いでしょう。

 


 

産土の大神さまは、この世への誕生はもとより

〇結婚、良縁

〇子宝、安産

〇家庭円満

〇天職の後押し

〇金運アップ

〇貴人(運命を開いてくれる人物)との縁結び

〇死んでから高い霊界への導き

 

などをしてくださる《人生の大いなるサポーター》であり、《ナビゲーター(夢先案内人)》です。

むこうも守ってあげたいと思っていますので、二人三脚で人生を切り開いて行くための大きな自信につながります。

やはり、おつきあいするのは“身内の神さま”が一番です。

つまり、見えない縁がきちんとなることで、見える縁が整うのです。

 


☆彡うちは昔から、○○神社の氏子ですが

 

神社の「氏子区域」はあとから人間が決めたものです。

しかし、氏子区域もふくめ、近くの神社の神さまはしっかりとあなたを守ってくださっています。

 

人間にはそれぞれ魂の“神縁(親縁)”というものがあり、

家族や親子でも、実は守護して下さる神さまの系統が違います。

前世は別の関係だったこともありますから、違って当然です。

 

産土神社が親だとすれば、氏子の神社は家族のようなものです。

地域にいる大家族の中から、ご縁の深い「親」を探すと思ってください。

一番働いている人をしっかりと認識して、お礼をすれば、神仏もうれしいものです。